Mithra
Prove Your Life
contact

To Prove Your Life

あなたは自分がどのような人間で,どんな行動をしてきて今に至るのか,他人に正しく証明できますか?私達が思い描く世界は,これらが事細かく記録され,あなたという人を嘘偽りなく証明することができます.その結果,あなたの本質を正しく評価できるような世界になると思っています.

これらを実現するために”Life Log Chain”,人の人生を記録できる仕組みが必要になります.学歴・職種,学んだ知識やスキル,何が出来て何が出来ないのか,所有権・占有権・著作権など,自分の人生を電子データとして保管し,必要な際にその情報を用い,自分自身を証明する仕組みです.ただし,この仕組みを構築する上で,特に考慮すべき点が2つあると考えます.1点目は”どのようにして情報を電子化するのか”,2点目は”電子化された情報をどう安全に管理するのか”です.

情報を採取し電子化するためには,情報を自動的にデジタル化するシステムやプラットフォームが必要になります.学歴や職歴を例にすると,その人がどのような組織でどんな活動をしてきたのかなどの事細かい情報が,あるプラットフォームに電子データとして自動的に保存されるイメージです.他に近い技術としてモノから得た情報を取り込む手段としてIoTがありますよね.そして,その情報をもとに現実世界と仮想世界を連動させるDigital Twinという技術があります.Life Log Chainは,人そのものから生まれる情報とIoTを組み合わせて,世界そのものをデータ化してしまう仕組みです.

さて,このデジタル化された情報ですが,中には誰もが見る権利を持つ情報と,自分自身しか見てはいけない個人情報が含まれます.これらの情報は世界,そして私達そのものであるので,絶対に改ざんされてはいけません.そこでブロックチェーン技術を使い管理することで堅牢なシステムを構築します.個人情報が個人のモノではなく,意図せず国や企業が管理しているなんてことは防がなければなりません.

私達の考えるLife Log Chainが存在する世界は,情報は自分だけのモノであり,自分が管理をし,開示したい情報だけを開示できる,またその情報に嘘偽りはありません.故に,誰もが平等に評価され,多くの人が可能性を広げられる世界にできると考えています.また,この仕組みの副産物である現実世界と結びついた仮想世界の情報には,現実世界のものと同じ価値があります.もちろん,リアルを生きる必要はあります.しかし,リアルで生きる,リアルに縛られて生きる必要はありません.仮想世界にある生きた自分という情報を使い,新たな可能性を広げられる世界もそこにはあると私達は考えています.